ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境経済部 > 環境課 > 新エネルギーシステムの設置に対する補助

本文

新エネルギーシステムの設置に対する補助

<外部リンク>
記事ID:0001066 更新日:2021年3月30日更新

令和3年度 幸田町新エネルギーシステム設置費補助金

 令和3年度においては、以下のシステム(区分)において補助金を交付します。

一体的導入

  • 住宅用太陽光発電施設、家庭用エネルギー管理システム(Hems)、定置用リチウムイオン蓄電システム(蓄電池)を同時設置
  • 住宅用太陽光発電施設、家庭用エネルギー管理システム(Hems)、高性能外皮等を同時設置(ネット・ゼロ・エネルギーハウス(Zeh))

単独設置

  • 家庭用エネルギー管理システム(Hems)
  • 家庭用燃料電池システム(エネファーム)
  • 定置用リチウムイオン蓄電システム(蓄電池)
  • 太陽熱利用システム

   この補助制度は、町民の新エネルギーシステムの導入促進及び普及啓発を図り、もって環境を保全し、及び人に優しい環境を創出することにより、地球温暖化防止に貢献することを目的としています。

各補助金について

 令和3年4月7日午前9時より受付を開始します。今年度から補助内容が変更となっています。各システムのページから申請方法を確認してください。請求書以外は押印が不要となり、様式が変更されていますので、必ず新しい様式で申請してください(旧様式では受付できません。)。また、郵送での受付は行っていませんので、直接環境課(庁舎2階)まで提出してください。

一体的導入

単独設置

太陽の画像

予算残額

 令和3年度 新エネルギーシステム設置費補助金の予算額は全てのシステムの総額で450万円です。

 予算残額については、下記の連絡先までお問合せください。


検索対象
注目ワード

コロナウイルス ふるさと納税 採用 広報こうた