ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境経済部 > 環境課 > 食品ロスの削減

本文

食品ロスの削減

<外部リンク>
記事ID:0001065 更新日:2020年7月27日更新

食品ロスとは?

食品ロスとは、まだ食べられる状態であるにも関わらず捨てられてしまう食品のことです。

ごみばこ

こちらのチラシ[PDFファイル/955KB]も参考にしてみてください。

食品ロスの現状

日本では年間約2,800万トンの食品廃棄物が出されています。

このうち、まだ食べられるのに捨てられた、いわゆる「食品ロス」は年間621万トンです。

(農林水産省及び環境省「平成26年度推計」)

これは、世界全体の食料援助量約320万トンの2倍に匹敵する量です。

日本人1人あたりに換算するとお茶碗1杯分(約134g)の食べ物が毎日捨てられていることになります。

食品ロスの現状の画像
食品ロス削減国民運動

ロゴマーク「ろすのん」

家庭で出来る食品ロスの削減

(1)食品の買いすぎに注意

買い物に出かける前には冷蔵庫のチェックを心がけましょう。食品ロスが多いのは野菜などの生鮮食品。必要以上に買った場合は、冷凍保存も活用しよう。

(2)エコクッキング

野菜などの食材はできるだけ無駄なく使い切るなど、エコクッキングを心がけましょう。

エコクッキングとは、環境のことを考えながら「買い物」「料理」「片づけ」を行う食生活のことです。cookpad(消費者庁の公式サイト)<外部リンク>では、エコ料理について掲載していますので参考にしてみてください。

幸田町役場の食堂で「もったいない」運動行っています

幸田町役場の食堂では食品ロス削減のため「残さず食べましょう」を呼び掛けています!

幸田町役場の食堂で「もったいない」運動行っていますの画像1幸田町役場の食堂で「もったいない」運動行っていますの画像2

食品ロスアンケートの実施

平成29年11月12日に開催された「こうた産業まつり」において、幸田町生活学校さんが食品ロスアンケートを行いました。アンケート結果はこちらになります。

外部リンク

外部リンクの画像

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


検索対象
注目ワード

コロナウイルス ふるさと納税 採用 広報こうた