ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 町民の方へ > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険の手続きが必要なとき

本文

国民健康保険の手続きが必要なとき

<外部リンク>
記事ID:0000436 更新日:2020年7月27日更新

こんなときには届出を

次に当てはまるかたは、14日以内に手続きをしてください。14日を超えると保険の給付を受けられないことがあります。

手続きが必要なとき 必要なもの
国民健康保険に入る場合 町外から転入したとき
  • 加入者の保険証(世帯にすでに加入者がいるとき)
職場の健康保険などをやめたとき
  • 職場の健康保険などをやめた証明書または離職票(事業所等の押印が必要)
子どもが生まれたとき
  • 保険証
生活保護を受けなくなったとき
  • 保護廃止通知書
国民健康保険を
やめる場合
町外へ転出するとき
  • 保険証
職場の健康保険などに入ったとき
  • 保険証
  • 職場の健康保険証など
    (まだ受け取っていないときは証明できるもの)
死亡したとき
  • 保険証
  • 葬祭を行ったかたの預金通帳
  • 会葬礼状や領収書など葬祭を行ったかたの確認ができるもの
生活保護を受けるようになったとき
  • 保険証
  • 保護決定通知書
そのほか
町内で住所が変わったとき
  • 保険証
世帯主や氏名が変わったとき
世帯が分かれたり、一緒になったりしたとき
修学のため町外へ転出するとき
  • 保険証
  • 在学証明書または学生証
施設入所のため町外へ転出するとき
  • 保険証
  • 入所の確認ができるもの
保険証をなくしたとき

 

 ※届出には、この表に掲げるもの以外に、手続きをする人の運転免許証など本人確認ができるものと、対象となる人および世帯主の通知カードなど個人番号(マイナンバー)が確認できるものが必要です。


検索対象
注目ワード

コロナウイルス ふるさと納税 採用 広報こうた