ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 総務部 > 税務課 > 軽自動車税(種別割)の概要

本文

軽自動車税(種別割)の概要

<外部リンク>
記事ID:0000329 更新日:2021年5月7日更新

軽自動車税

 賦課期日(4月1日)現在、原動機付自転車、小型特殊自動車、軽自動車および二輪車をお持ちの人に納めていただきます。

 軽自動車税には、普通自動車における自動車税のように月割りで税額を算定する制度がありません。そのため年度途中で譲渡、廃車等されても税金の還付はありません。また、4月2日以降に取得した場合は、その年度は税金が課税されません。

 スマホ決済で納付した場合、領収書は発行されません。車検等で納税証明書が必要な場合は税務課の窓口で取得していただく必要がありますので注意してください。

軽自動車税の税額表

原動機付自転車及び二輪車等

 平成27年度分以後の年度分の軽自動車税について適用することとしていた原動機付自転車、二輪の軽自動車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車の税率について、適用開始時期を1年間延長し、平成28年度分以後の年度分から適用となりましたのでお知らせいたします。

車種区分 税率(年額)
平成27年度まで 平成28年度以降
原動機付自転車

50cc以下

1,000円 2,000円
50cc超 90cc以下 1,200円 2,000円

90cc超 125cc以下

1,600円

2,400円
ミニカー 2,500円 3,700円

二輪の軽自動車(125cc超 250cc以下)

2,400円 3,600円
小型特殊自動車

農耕作業用のもの
(農耕用トラクター、コンバインなど)

1,600円 2,400円

その他のもの
(フォークリフト、ロードローラーなど)

4,700円 5,900円
二輪の小型自動車(250cc超) 4,000円 6,000円

三輪及び四輪以上の軽自動車

  1. 平成27年3月31日以前に最初の新規検査を受けた車両…税額に変更はありません。ただし、平成28年度以降に(3)に該当する可能性があります。
  2. 平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受けた車両…ただし、令和3年度はグリーン化特例(軽課)に該当する可能性があります。
  3. 平成28年4月1日以降の賦課期日(毎年4月1日)現在に最初の新規検査から13年を超える車両
    ※動力源または内燃機関の燃料が電気、天然ガス、メタノール、混合メタノール、ガソリン電力併用の軽自動車並びに被けん引自動車を除く。
車種区分 税率(年額)
(1) (2) (3)
軽自動車

三輪

3,100円 3,900円 4,600円

四輪以上

乗用 自家用 7,200円 10,800円 12,900円
営業用 5,500円 6,900円 8,200円
貨物 自家用 4,000円 5,000円 6,000円
営業用 3,000円 3,800円 4,500円

 令和3度に(3)の税額となるのは、平成20年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両です。

グリーン化特例(軽課)

 令和2年4月1日から令和3年3月31日までに最初の新規検査を受けた軽四輪等(三輪以上の軽自動車)で、排出ガス性能及び燃費性能の優れたものについて、令和3年度分の軽自動車税を軽減します。

  1. 電気軽自動車・天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス基準適合または平成21年排出ガス基準 10%低減)
  2. 乗用車は平成30年排出ガス基準50%低減または平成17年排出ガス基準75%低減かつ令和2年度燃費基準+30%達成車
    貨物車は平成30年排出ガス基準50%低減または平成17年排出ガス基準75%低減かつ平成27年度燃費基準+35%達成車
  3. 乗用車は平成30年排出ガス基準50%低減または平成17年排出ガス基準75%低減かつ令和2年度燃費基準+10%達成車
    貨物車は平成30年排出ガス基準50%低減または平成17年排出ガス基準75%低減かつ平成27年度燃費基準+15%達成車
対象車

税率(年額)

(1) (2)

(3)

軽自動車 三輪 1,000円 2,000円 3,000円
四輪以上 乗用 自家用 2,700円 5,400円 8,100円
営業用 1,800円 3,500円 5,200円
貨物 自家用 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 1,000円

1,900円

2,900円

軽自動車等の登録・廃車等の申告

 取得・譲渡・廃車等する場合には申告が必要です。以下の表を参考に申告を行ってください。

 譲渡、売却、解体、盗難等で現在、車を所有していなくても廃車、名義変更の手続が済んでない場合は、軽自動車税はいつまでも課税されてしまいますので、必ず手続をしてください。

他の市区町村への住所変更された場合や車の所有者が死亡した場合も手続が必要です。

 申告に必要なもの等は、以下の届出先にお問い合わせください。

車種

届出先

電話

原動機付自転車
小型特種自動車

〒444-0192
愛知県額田郡幸田町大字菱池字元林1番地1
幸田町役場 税務課 町民税グループ

0564-62-1111
内線(161・162)

二輪の軽自動車

〒473-0917
愛知県豊田市若林西町西葉山46番地
愛知運輸支局 西三河自動車検査登録事務所

050-5540-2047

三輪・四輪の軽自動車

〒473-0917
愛知県豊田市若林西町西葉山48番地2
軽自動車検査協会 愛知県主管事務所 三河支所

050-3816-1772
二輪の小型自動車

〒473-0917
愛知県豊田市若林西町西葉山46番地
愛知運輸支局 西三河自動車検査登録事務所

050-5540-2047

原動機付自転車(125cc以下)、小型特種自動車の申告

手続内容

必要なもの

手続場所

新規登録 販売証明、印鑑

幸田町役場 税務課

 

1階6番窓口

町外から転入
(廃車手続済のもの)

廃車証明、印鑑

町外から転入
(ナンバー付のもの)

標識(ナンバープレート)
印鑑、標識交付証




町内の人から譲ってもらった
(廃車手続済のもの)

譲渡証明、印鑑

町内の人から譲ってもらった
(ナンバー付のもの)

標識(ナンバープレート)
譲渡証明、印鑑

町外の人から譲ってもらった
(廃車手続済のもの)

廃車証明、譲渡証明、印鑑

町外の人から譲ってもらった
(ナンバー付のもの)

標識(ナンバープレート)
譲渡証明、印鑑

所有者が亡くなられた 印鑑

所有者が亡くなられた 標識(ナンバープレート)、印鑑
町外の人に譲る 標識(ナンバープレート)、印鑑
使わなくなった(廃棄) 標識(ナンバープレート)、印鑑
町外へ転出

標識(ナンバープレート)、印鑑

登録証明書

幸田町役場 税務課

または転出先の役所

納税証明書

 軽自動車税の納税証明書は大切に保管してください。

 軽四輪・二輪の小型など車検がある車は、軽自動車税納税証明書が必要となります。

納税証明書は、車検証と一緒に保管して、紛失しないようにお願いします。

 軽自動車税納税証明書の交付について

  • 窓口支払の人 ・・・納税証明書は納税通知書に添付されています。
  • 口座振替の人 ・・・納税証明書は納付確認後に送付します。
  • スマホ決済の人・・・納税証明書は税務課の窓口で申請してください。

検索対象
注目ワード

コロナウイルス ふるさと納税 採用 広報こうた