ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 企画部 > 企業立地課 > 駅前銀座の空き家を利用した、社会福祉活動支援拠点の設置と運営について

本文

駅前銀座の空き家を利用した、社会福祉活動支援拠点の設置と運営について

<外部リンク>
記事ID:0008653 更新日:2021年1月4日更新

こうた町家をむすびサロンとは

 町民の福祉の向上、地域の活性化等の活動を目的とした団体で、町が支援を必要と認めた団体(以下「社会福祉活動団体」という。)に対し、駅前銀座における空き店舗を活動拠点として利用することで、コロナ禍における活動の活性化を図るとともに、駅前のにぎわいを創出することを目的とした施設です。

駅前銀座

 

 

場所


幸田駅前地区Aブロック共同ビル幸田駅前銀座Kota-04Sw

(旧太陽の味でん)

愛知県額田郡幸田町大字芦谷字幸田36

実施期間等

実施期間:令和3年1月4日から令和4年3月31日まで

利用時間:午前9時から午後5時まで(原則)

求める利用者像

 町民の福祉の向上、地域の活性化などの活動を目的とした団体で、町が支援を必要と認めた社会福祉活動団体の利用を想定しています。

※ 具体的には、女性の会、消防団、老人クラブ、民生委員、子ども会等

 

社会福祉活動団体とは

施設を利用できる者は、町が活動の支援を必要と認め、以下の要件を備えた福祉活動団体とする。

☑ 3人以上の会員を有すること。

☑ 主たる活動が町内で行われている、または活動の拠点が町内であること。

☑ 代表者及び運営の方法が規約または会則(以下、「規約等」という。)で

  定められていること。

注意事項

※社会福祉活動団体は、このの会場において、次に掲げる活動を行ってはならない。

 ☑ 物品販売等、営利のみを目的とする活動

 ☑ 社会的秩序を乱すおそれのある活動

 ☑ 特定の公職の候補者(この候補者になろうとする者を含む。)若しくは公職に

   る者または政党を推薦し、支持し、またはこれらに反対することを目的とする活動

※フリーマーケット、マルシェ、セミナー、スクール等で地域振興及び、人材育成等

 を目的とする事業については、この限りではない。

※利用にあたっての申請方法、利用時間、注意事項等を定める規定は改めて参照

※施設利用時には、愛知県新型コロナウイルス感染拡大予防対策指針に基づき

 実施すること。

 

運営窓口:三ヶ根駅エリア未来工房               

管理委託:幸田町シルバー人材センター

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


検索対象
注目ワード

コロナウイルス ふるさと納税 採用 広報こうた