ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > 町民の方へ > 医療・健康 > 妊娠・出産 > 低所得の妊婦に対する初回産科受診料支援事業について

本文

低所得の妊婦に対する初回産科受診料支援事業について

<外部リンク>
記事ID:0019948 更新日:2024年2月1日更新

概要

幸田町では、低所得の妊婦の経済的負担の軽減を図ることを目的に初回産科受診料の一部を助成します。また、安心して妊娠期を過ごせるよう、関係機関と連携しながら支援します。

対象者

(1)初回産科受診(医療機関において妊娠判定を受ける日)において、幸田町に住民登録があり、市町村民税非課税世帯または生活保護世帯の人

(2)市販の妊娠検査薬で陽性を確認した人

(3)受診する産科医療機関等と幸田町が支援に必要な情報を共有することに同意する人

※(1)~(3)のいずれにも該当する人

助成内容

令和5年4月1日以降に受診した、初回の妊娠判定に係る診察、尿検査及び超音波検査(ただし尿検査及び超音波検査については、医療機関が必要と判断した場合に限る)の費用

※保険診療となった場合は、助成の対象外となります。

助成金額

1回の妊娠判定につき1万円を限度とし、1年度につき2回を限度とする。

申請先

健康課(幸田町保健センター)

※申請受付の際、伴走型相談支援のために面談を行いますので、事前にご相談ください。

申請方法

以下の書類をお持ちのうえ、幸田町保健センターへ申請してください。

(1)幸田町低所得の妊婦に対する初回産科受診料助成金支給申請書兼請求書 [PDFファイル/56KB]

(2)初回の産科受診料に係る領収書及び明細書の原本(氏名、受診日、医療機関名が記載されたもの)

(3)対象者本人の口座が確認できるものの写し

(4)申請者の属する世帯の課税状況を記載した証明書

※医療機関で妊娠判定を受けた日から6か月以内に申請してください。

※ただし、令和5年4月1日から9月30日までの間に受けた妊娠判定については、令和6年3月31日までが申請期限です。                                                                                        

連絡先

健康課(幸田町保健センター)

Tel:0564-62-8158・0564-63-5172

Fax:0564-62-8217

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


検索対象
注目ワード

コロナウイルス ふるさと納税 採用 広報こうた