ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 消防本部 > 消防署 > 幸田町消防署 初の女性消防士誕生

本文

幸田町消防署 初の女性消防士誕生

<外部リンク>
記事ID:0006789 更新日:2020年11月1日更新

幸田町初  24時間勤務の女性消防士を採用しました。

 令和2年度、幸田町消防本部では初めてとなる24時間勤務を行う女性職員を採用しました。愛知県消防学校での厳しい訓練を終え、10月26日から消防署で消防士として業務に就いています。
 消防は、「男性の職場」というイメージが強いと思いますが、全国的には総務や予防業務をはじめ、火災や救急現場で多くの女性消防職員が活躍しています。
 今回採用された女性職員は、高校卒業後、専門学校に進学し医療の勉強や実習に取り組み救急救命士の国家資格を取得しています。
 現在は、先輩救急救命士の指導を受けながら、どんな救急現場でも活躍できる救急救命士を目指し日々訓練に励んでいます。

令和2年度に採用された女性職員

制服

 

消防訓練

消防車

 

救急訓練

救急

 

 

== 消防職員を目指す女性の方へ ==

 消防職員における女性の割合は、年々増加傾向にあります。
 幸田町消防本部でも、女性職員が勤務するための施設等の環境は整備され、受け入れ態勢は整っていますので、是非女性消防職員として新たな人生の1ページを切り開いてみませんか。

女性職員用仮眠室 (女性職員専用スペース内)

 女性職員用仮眠室 入口

 

 女性職員用仮眠室 室内

 

女性職員用浴室  (女性職員専用スペース内)

 女性職員用浴室

 

女性職員専用スペースの入口 (暗証番号式電子ロック付き)

 女性職員仮眠室入口


検索対象
注目ワード

コロナウイルス ふるさと納税 採用 広報こうた