ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境経済部 > 産業振興課 > 野生イノシシへのCSF(豚熱)経口ワクチン散布について

本文

野生イノシシへのCSF(豚熱)経口ワクチン散布について

<外部リンク>
記事ID:0000772 更新日:2020年7月27日更新

野生イノシシへのCSF(豚熱)経口ワクチン散布について(幸田町第5回目)

野生イノシシによるCSF(豚熱)ウイルスの拡散防止対策として、町内の野生イノシシが生息する場所を中心に、愛知県による経口ワクチン散布が実施されます。

令和2年12月25日から実施されます。

詳しい情報については、下記の愛知県資料をご覧ください。

 

※豚熱は、豚とイノシシの病気であり、人に感染することはありません。

※経口ワクチンをペット等の他動物が食べても影響ありません。

 

愛知県資料

野生イノシシでの豚熱の感染拡大を防ぐため、経口ワクチンを散布します。 [PDFファイル/596KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


検索対象
注目ワード

コロナウイルス ふるさと納税 採用 広報こうた