ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 健康福祉部 > 健康課 > 新型コロナウイルス感染症に係る罹患後症状 (いわゆる後遺症)実態把握調査への協力について

本文

新型コロナウイルス感染症に係る罹患後症状 (いわゆる後遺症)実態把握調査への協力について

<外部リンク>
記事ID:0021346 更新日:2024年7月2日更新

愛知県では、新型コロナウイルス感染症の罹患後症状※に悩む県民の実態及び医療機関での外来対応の実態を把握することを目的として、新型コロナウイルス感染症に係る罹患後症状(いわゆる後遺症)実態把握調査を実施します。
 調査は県民向けと医療機関向けに実施します。調査の趣旨を御理解いただき、御協力をお願いします。
※世界保健機関(WHO)では、「症状が少なくとも2か月以上続き、ほかの疾患による症状として説明がつかないもので、通常は新型コロナウイルス感染症の発症から3か月経った時点にもみられる」症状を罹患後症状(いわゆる後遺症)と定義しています。
調査の概要
(1)調査対象
     対象
     県民向け調査 ※すべての県民が回答可能
   医療機関向け調査 ※すべての医療機関が回答可能
(2)調査期間
   2024年6月26日(水曜日)~7月26日(金曜日)
   ※システムへの入力は、2024年6月26日午前10時30分から7月26日午後11時59分まで
(3)調査方法
   愛知県電子申請・届出システムを用いてアンケートを実施します。
詳しくはこちらへ https://www.pref.aichi.jp/press-release/covid19-aichi/kouisyoujittaityousa2024.html<外部リンク>  


検索対象
注目ワード

コロナウイルス ふるさと納税 採用 広報こうた