5月17(金)に山火事を想定した訓練を実施しました。愛知県が所有する防災ヘリコプターとの連携強化を目的に行われ、消火バケツを装備したヘリコプターが深溝運動場に着陸し、地上の消防隊から補水を受け、火点を想定したつばきの小径の上空から散水を行いました。効果的な消火活動をするためには、現場の消防隊との連携は必要不可欠であり、今後も継続して訓練を実施していきます.