糖尿病など生活習慣病の予防策として、保険者が40歳から74歳までの被保険者を対象に、その起因となるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健康診査と、その該当者および予備群を減少させるための特定保健指導を実施するものです。
 国民健康保険の加入者については、幸田町が策定した実施計画に従って、住民健診人間ドックを受診していただき、その結果、メタボリックシンドロームの該当者または予備群と判定されたかたには、生活習慣の改善を支援させていただきます。

 実施計画につきましては、次のとおり策定しました。

 第3期特定健康診査等実施計画書(平成30年3月) [1598KB pdfファイル] 

 

 毎年6月は特定健康診査・特定保健指導普及啓発強化月間です。この期間中、愛知県ではさまざまなキャンペーンが実施されます。詳しくは、愛知県「特定健康診査・特定保健指導について」をご覧ください。

 いつまでも安心して暮らせるよう、年に1度必ず受診してください。