幸田町では、平成24年6月4日から新しい住民記録システムに変わり、これまで世帯単位で管理していた住民票を、個人単位で管理するようになります。

◎住民票の写しの様式が2種類になります

 平成24年6月4日からは、住民票の写しが「世帯票様式」と「個人票様式」の2種類となります。

 【世帯票様式】                         【個人票様式】

・住所は現住所と直前住所のみ、氏名・          ・住所・氏名・本籍・筆頭者などの履歴を記載

本籍・筆頭者などは最新情報のみ記載          ・転出等で、住民票から消除された世帯員のか

・転出等で、住民票から消除された世帯員          たは、この個人票様式でのみ発行します

のかたは記載されません

  【注意事項】

  ◎住所に部屋番号などの方書を記載します

 

 アパート・マンション等の増加に伴い、住所に部屋番号がないことで郵便物の不着等の支障が生じており、これらの解消のため、住民票に部屋番号を記載します。

【住所の記載例】

(これまで)幸田町大字菱池字元林1番地1

      ↓

(これから)幸田町大字菱池字元林1番地1(101)

 

◎消除後5年経過した住民票の除票等の交付を取り止めさせていただきます

 

 平成24年6月4日より、死亡・転出・職権消除等により消除され、法定の保存年限である5年を経過した住民票の除票等の交付を取り止めさせていただきます。