認知症高齢者等事前登録制度に登録しませんか?

  家族がほんのちょっと目を離した間に、認知症高齢者が行方不明になり、事件・事故に巻き込まれることがあり、全国では命を落としてしまうケースも多々みられます。

 幸田町では、認知症になっても住み慣れた幸田町で暮らせるよう支援するため、認知症等で行方不明になる可能性がある人を対象に、事前に役場へ登録してもらう「認知症高齢者等事前登録制度」を平成29年度から行っています。また、10月1日からは事前登録者を対象に「幸田町認知症高齢者等個人賠償責任保険事業」を始めました。これは、認知症高齢者等が徘徊時に、電車を止めてしまった、他人にケガをさせてしまった、他人の財産を壊してしまったなど、賠償責任に対応した保険に幸田町が加入し、事件・事故が発生した場合に賠償金を支払うものです。

 ご家族が少しでも安心できるよう、例え徘徊しても早期発見につながるよう、また、保護された時の身元の確認が迅速にできるよう、徘徊が心配されるご家族の方は、事前登録しておく事をお勧めします。

 

 問合せ先:福祉課包括ケアグループ(内線154)

 

事前登録・賠償保険チラシ [333KB pdfファイル]