概要・内容

住基ネットワークシステムを利用して転入転出の手続を行う制度のことです。マイナンバーカード又は住民基本台帳カードの発行を受けている本人及び同一世帯員の人が幸田町外へ転出するときには、特例転出届を幸田町の窓口で提出(または郵送)できます。特例転出届を提出すると、新しい転入先での転入手続の際に転出証明書の添付が不要になります。
※特例転出届をすると転出証明書は交付されません。
※転入手続の際は、マイナンバーカード又は住民基本台帳カードを必ずお持ちください。

特例転出届

対象者

  • マイナンバーカード又は住民基本台帳カードをお持ちの方で幸田町から他の市区町村へ転出する方
  • 同一世帯のマイナンバーカード又は住民基本台帳カードをお持ちの方と一緒に幸田町から他の市区町村へ転出する方
    ※特例転出届の受付時点で、マイナンバーカード又は住民基本台帳カードの運用が一時停止または廃止されていないこと、また、有効期限切れでないことが必要です。

届出できる人・届出方法・届出期日・届出窓口

転出する日までに住民課の窓口または郵送で手続してください。

届出できる人
  • 対象者ご本人
  • 同一世帯の方
  • 代理人
    ※代理人の場合は、委任状が必要です。
    ※親族の方でも別世帯の場合は、委任状が必要です。

※転出前または転出後14日以内に手続を行ってください。

手数料

無料

持ち物・届出書類

  1. 特例転出届(用紙は窓口においてあります)
  2. 窓口に来お越しになる方の本人確認書類
  3. マイナンバーカード又は住民基本台帳カード
    ※対象者ご本人及び同一世帯以外の方が届出する場合、以下のものが必要になります。
  4. 委任状
  5. 異動する方の本人確認書類
特例転入届

対象者

他の市区町村から幸田町へ転入した方のうち、前住所地で特例転出届を提出した方

届出できる人・届出方法・届出期日・届出窓口

転入した日から14日以内に住民課の窓口で手続してください。

届出できる人
  • 対象者ご本人
  • 代理人
    ※代理人の場合は、委任状が必要です。
    ※転出予定日として届け出た日から30日後または新住所に転入した日から14日後のいずれか早い日までに手続を行ってください。この期間内に手続を行わないと、転入届は通常の手続となり、転出証明書の提出が必要になります。

手数料

無料

持ち物・届出書類

  1. 前住所の市区町村で発行したマイナンバーカード又は住民基本台帳カード
    ※手続の際に暗証番号を入力していただく必要があります。
  2. 窓口にお越しになる方の印鑑
  3. 窓口にお越しになる方の本人確認書類
  4. 委任状※代理人の場合