献血にご協力を

献血については、日本赤十字社をご覧ください。

 

 エビリン

 

400ml献血にご協力を!

なぜ400ml献血が必要なの?

健康な方々にご協力をお願いしているのが400ml献血です。私たちの身体は、異物が体内に侵入してきたときは激しく防御します。輸血には同じ血液型の血液を使用するのもこのためですが、同じ血液型といっても実は一人一人皆微妙に異なり、同型であっても何人もの血液を輸血することは必ずしもベストではありません。このため、今では医療機関からの要請は400ml献血の血液が主流となっています。

400mlも献血して大丈夫なの?

ビービー大丈夫かな!?と心配される声をよく聞きます。年齢、体重等の献血の基準に見合った方で、血液比重測定、問診などを行い、医師が献血可能と判断した方にお願いをしています。また献血の間隔、年間の献血総量なども定められていますので、無理なくご協力いただいていれば、大丈夫です。

 

 

献血基準オータン

400mlの献血のためには、年齢18歳から69歳で、体重が男女ともに50kg以上、最低血圧が90mmHg以上、年間男性3回以内・女性2回以内で、総量が男性1,200ml以内、女性800ml以内となっています。
また、前回の400ml献血から男性12週、女性16週を超えていること。

 

参考リンク

政府広報オンライン「あなたもご協力を!命が救える身近なボランティア「献血」」