新型コロナウイルス感染症の問い合わせ先について

愛知県(西尾保健所)では、新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談センターを設置しています。

新型コロナウイルス感染症に関する問い合わせは、医療機関に受診する前に西尾保健所内に設置している帰国者・接触者相談センター(0563-54-1299)へ連絡してください。

新型コロナウイルス感染症について

中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルス感染症の発生が複数報告されており、今年1月になって、国内においても患者発生の報告がありました。

※新型コロナウイルス感染症とは
ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。
新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。

飛沫感染とは、感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

接触感染とは、感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

重症化すると肺炎になり、死亡例も確認されているので注意しましょう。
特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

町民の皆様へお願い

新型コロナウイルスの感染拡大は接触感染が大きな原因と考えられており、風邪やインフルエンザなどの対策同様、通常の感染症対策が有効であるとされています。
人混みを避け、手洗いの徹底やアルコール性の手指消毒薬の使用による感染対策に努めてください。
風邪の症状が続く等症状に不安がある際には、帰国者・接触者相談センター(0563-54-1299)に問い合わせるとともに、学校等の登校や会社等への出勤を控えるようにご協力をお願いします。

新型コロナウイルス感染症についての最新情報

帰国者・接触者相談センター

厚生労働省ホームページ

国立感染症研究所ホームページ