早期発見・早期治療のための大切な機会に

健診・検診でわかること

 例えば、がん検診を受けた後、受けっぱなしで結果に無関心だったり、数値が基準値から外れていても気にしないかた、要精密検査(さらに詳しい検査を受けてくださいとの意味)の通知が届いても未受診のかたはいませんか?

 検便検査で”要精密検査”の結果が出ても、しばらく放置していた方が後に大腸がんと分かり、「あの時、きちんと検査を受けれいれば・・」と後悔するケースもみられます。

 健診・検診は、痛い採血や苦手なバリウムを飲むなど、楽しいものではありませんが、自分ではわからない体の状態を教えてくれます。

 健診・検診は、異常の早期発見・早期治療のための大切な機会です。

 せっかく受けたのですから、”要精密検査”の結果が出た場合は、必ず受診することが大切です。