介護する人が周囲の人に介護中であることを知らせるために使用する「介護マーク」(吊り下げケースに入れたカード)を配布しています。特に認知症の人の介護は、他の人から見ると介護していることが分かりにくいため、周囲の人から偏見や誤解を受けることがあります。例えば、駅やサービスエリアなどのトイレで付き添うとき、男性介助者が女性用下着などを購入するときなど、一見周囲の人にとっては不自然な行為に思われがちです。このようなときに、「介護マーク」を首にかけるなど、介護者であることを周囲に知ってもらうことで、介護者の精神的負担が軽減されます。
 「介護マーク」を使用する場合は申請が必要です。

 

配布対象者

要介護認定を受けた認知症高齢者や障がい者など(町内に住所を有する人)の介護者で、「介護マーク」の使用希望者

申請・配布場所

  • 役場1階 福祉課介護保険G 5番窓口
  • 地域包括支援センター窓口