幸田町の工業用地開発検討について

 本町は、名古屋市と豊橋市のほぼ中間に位置し、東西は国道23号バイパス、南北は国道248号が走りJR東海道本線に3駅を抱え、交通アクセスとして優良な場所にあります。

 地形は、東部から南西部にかけ丘陵が続き、中心部には平地が広がっており、温暖な気候に恵まれており、企業の立地条件として良いまちです。

 こうした良好な条件が揃っている本町では、町内外の多くの企業が工業用地を求めていることから、これらの需要に対応するため、新規工業用地の開発を検討しています。

 

 開発検討地区   幸田町西部

 

開発検討地区は、国道23号バイパスが近接する交通の利便性が高い地域です。名古屋市、豊橋市への交通アクセスの良い国道23号バイパス沿線に新たな工業用地を創出することで、製造業を中心とする産業の振興を図っていきます。