消防署では、秋の火災予防運動の一環として、近年の住宅火災による死傷者のうち75歳以上の高齢者が約7割を占めることから、これらのお宅に消防職員が直接訪問して、火気の使用状況や住宅用火災警報器の設置状況などの聞き取り調査及び防火指導を行います。

 

実施期間:平成30年11月9日㈮~平成30年12月23日㈰

対象:75歳以上の単身世帯及び福祉電話設置者

その他:訪問する職員は、町職員の名札を着用し、消防手帳を携帯しています。