期間

 令和元年9月21日(土)~30日(月)

 目的

 秋は気候もよく過ごしやすくなるため、行楽やスポーツなどで外出する機会が増え、人や車の動きが盛んになります。

 愛知県内における8月末までの交通事故死者数は91人(昨年比-34人)と、減少傾向にあるものの、この時期は日没時刻が日増しに早くなり、運転者から歩行者や自動車の動きが見えづらくなる夕暮れ時と仕事や学校からの帰宅時間帯とが重なるため交通事故の増加が心配されます。

 そこで、下記の運動重点に沿った秋の交通安全運動を町民総ぐるみで展開し、交通事故の防止を図ります。

 運動重点

○子どもと高齢者の安全な通行の確保

○高齢運転者の交通事故防止

○夕暮れ時と夜間の歩行中・自動車乗用中の交通事故防止

○全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

○飲酒運転の根絶

※要綱につきましては、以下の添付ファイルをご覧ください。

秋の交通安全運動要綱.pdf [1858KB pdfファイル] 

 その他

反射バンド、反射タスキについては、3階9番窓口の防災安全課で無料配布しています。歩行者保護のため、是非ご活用ください。