防災週間

毎年、9月1日を中心とした8月30日から9月5日までの期間を「防災週間」という。

 日本は地理的・自然的条件から、地震や大雨、台風などの自然災害が発生しやすい国です。

 災害による被害を最小限にとどめ、生活の安全・安心を守るためには、国民一人一人や企業などが自ら守る「自助」、地域コミュニティなどが協力して行う「共助」、国や地方公共団体による「公助」の連携が不可欠です。

 社会全体の防災力を向上させるには、住宅・建築物の耐震化や防災まちづくり、企業防災など、各個人や地域コミュニティで日ごろから防災対策を進めていくことが重要です。また、災害時の安否確認の手段として、災害用伝言ダイヤル・災害用伝言板の利用の仕方なども覚えておきましょう。

※1923年9月1日、相模湾西部を中心とした関東大震災が発生した。