食品ロスとは?

食品ロスとは、まだ食べられる状態であるにも関わらず捨てられてしまう食品のことです。

 ごみばこ

食品ロスの現状

日本では年間約2,800万トンの食品廃棄物が出されています。

このうち、まだ食べられるのに捨てられた、いわゆる「食品ロス」は年間621万トンです。

(農林水産省及び環境省「平成26年度推計」)

これは、世界全体の食料援助量約320万トンの2倍に匹敵する量です。

日本人1人あたりに換算するとお茶碗1杯分(約134g)の食べ物が毎日捨てられている

ことになります。

食品ロス削減国民運動

ロゴマーク「ろすのん」

 

家庭で出来る食品ロスの削減

①食品の買いすぎに注意

買い物に出かける前には冷蔵庫のチェックを心がけましょう。食品ロスが多いのは野菜

などの生鮮食品。必要以上に買った場合は、冷凍保存も活用しよう。

②エコクッキング

野菜などの食材はできるだけ無駄なく使い切るなど、エコクッキングを心がけましょう。

エコクッキングとは、環境のことを考えながら「買い物」「料理」「片づけ」を行う食生

活のことです。cookpad(消費者庁の公式サイト)では、エコ料理について掲載していま

すので参考にしてみてください。

 

幸田町役場の食堂で「もったいない」運動行っています

幸田町役場の食堂では食品ロス削減のため「残さず食べましょう」を呼び掛けています! 

 

外部リンク

食べ物のムダをなくそうプロジェクト(消費者庁)

食品ロス削減に向けた取組について(消費者庁)

食育ネットあいち「もったいない食品ロス」(愛知県)

 

みなさんの「食品ロス削減」を教えてください!

みなさんが家庭で行っている「食品ロス削減」について、どんなことを行っているか

ぜひ教えてください。また、環境課が行っている取り組みについて、ご意見等も募集

しています。

 

意見フォームはこちらから