幸田町における改元に伴う元号表記の取扱いは、次のとおりです。

 

1 改元日(5月1日)より前に作成した文書等においては、「平成」を使用しています。
 改元日以降の日付を表示する場合であっても「平成」と表記していますので、必要に応じて「令和」にお読み替えください。

 

2 改元日以降に作成した文書等において、改元日以降の日付を表示する場合は、「令和」と表記します。
 ただし、あらかじめ大量に印刷済みの場合やシステムの都合により「平成」と表記していることがありますので、「令和」にお読み替えください。

 

3 新元号の初年は、「元年」と表記します。
 ただし、システムの都合により「元年」と表示が困難な場合は、「1年」と表記することがあります。

 

4 改元日以降は、本年4月1日から翌年3月31日までの会計年度の表記を「令和元年度」とします。
 ただし、システムの都合により平成31年度と表示する場合がありますが、効力には変わりありませんので、御承知おきください。